南あわじ市・洲本市組合立広田小学校 本文へジャンプ
学校紹介


 
1 学校教育目標

              子どもの瞳が輝く学校    笑顔・感謝・全力

 

2 学校経営の基本姿勢 

・対話と丁寧な対応を心がけ、児童、保護者、地域との信頼関係を確立
   する。

・全教職員の相互理解と信頼関係をもとに、教育活動を推進する。

  ・一人一人の深い児童理解をもとに、心のふれあう学級経営と生徒指導
   に努める。

  ・体験活動や課題解決的な活動を重視した育みの教育に力点を置く。

  ・命と人権を大切にし、一人一人のよさを認め、生き生きと楽しく学  び続ける児童を育成する。

  ・たくましく生きるための心と体の健康をつくる教育を推進する。

・家庭、地域との連携を一層深め、開かれた学校と地域に根ざした安心・安全な学校づくりを推進する。

・学校教育の根幹を支えるのは教職員の心身の健康である。メンタルヘルスに十分配慮し、学校全体が活力的なものとなる経営をめざす。業務改善にも力点を置く。

 

 学校のあるべき姿として

○ 子どもたち自身に、実感の伴う力を培うことのできる学校

○ 子どもたちの持つ想いを具現化し、実現を支援できる学校

○ 子どもたちにとって安全で、保護者が安心して通学させられる学校

○ 地域・家庭・学校が一体となって、「生きる力」を育む学校

          

4 めざす児童像     ― 笑顔・感謝・全力 ―

 

   笑顔    ・いつも笑顔で前向きに頑張る子

   感謝    ・ありがとうが素直に言える子

 全力    ・失敗を恐れず、最後までチャレンジする子

 

5 求められる教師の姿  ― 探求・創造・情熱 ―

 

 1)豊かな感性を備えた教師   ・課題を発見する教師に

    2)教育の専門家である教師    ・授業で勝負する教師に

    3)我が子を託せられる教師    ・信頼に足りうる教師に

 

  本年度の努力事項

  重点実践事項

  主体的・対話的で深い学びの実現に向けた授業改善の推進

  人としての生き方・あり方を考える防災教育の推進

  いじめを決して許さない集団づくり


学校の沿革

明治 7年 5月10日 勤有小学校として発足する

明治20年 4月 1日 広田尋常小学校と改称する

明治34年 4月 1日 広田尋常高等小学校と改称する

昭和16年 4月 1日 三原郡広田国民学校と改称する

昭和22年 4月 1日 三原郡広田村立広田小学校と改称する

昭和25年 3月27日 講堂竣工

昭和32年 7月10日 町村合併に伴い
三原郡緑村洲本市組合立広田小学校と改称

昭和35年 4月 1日 町制施行に伴い
三原郡緑町洲本市組合立広田小学校と改称

昭和61年 3月18日 本館(鉄筋3階建校舎)竣工

昭和61年 9月24日 ランチルーム竣工

平成 元年 4月 1日 中学校より体育館の移管

平成 2年 8月16日 プール竣工

平成 8年 8月31日 屋内運動場床面改修

平成10年 8月31日 校舎前面塗装

平成10年11月30日 コンピュータ室竣工

平成13年12月 6日 本館エレベーター完成

平成15年 3月24日 運動場大改修

平成17年 1月11日 町村合併に伴い
南あわじ市・洲本市組合立広田小学校と改称

平成17年 3月 1日 屋内運動場全面改修

平成18年 3月16日 3階旧図工室改修

平成25年 8月31日 本館1階改修

平成26年 2月28日 新館竣工

      8月31日 本館2-3階改修