トップページ

南あわじ市立湊小学校のホームページへようこそ。

 本校は、兵庫県南あわじ市(淡路島)の南西、播磨灘に面した小高い丘の上にあります。校舎屋上からの眺望はすばらしく、北は、慶野松原の松林、海岸線に沿って走るサンセットライン(県道31号線)、遠くには、加古川市、高砂市、姫路市の海岸沿いに広がる播磨工業地域、小豆島を望むことができます。東は、玉葱畑やレタス畑の広がる三原平野、淡路富士として親しまれ、校歌の歌詞にも登場する先山、南あわじ市の街並み、南は、淡路島の最高峰諭鶴羽山を一望することができます。
 現在は、児童数62名(※平成29年4月1日現在)の小さな学校ですが、50年ほど前には、淡路島の特産品である「淡路玉葱」や「淡路瓦」などを神戸・大阪へ運ぶ大小様々な船が行き交う港町として栄え、児童数も500名を数えました。しかし、時代の流れとともに輸送手段がトラック輸送に変化し、かつての賑わいは陰を潜め、人口減少とともに、児童数は年々大幅に減少してきました。
 そこで、平成27年には、少子高齢化が進む地域を住民自ら参加し、地域を元気づけていくことを目的とした地域づくり協議会が市内各小学校区に作られ、本校区では湊地域づくり協議会が発足しました。 
 本校は、湊地域づくり協議会と連携・協力し、地域とつながる学校をめざし、地域の人材を活かした防災学習、三世代交流事業(もちつき大会)、玉葱作りや米作り、登下校の安全見守り、体育会と地区民大会の合同開催など地域と連携した様々な活動に取り組んでいます。
 私たち教職員は、子どもたちの学力向上及び体力向上への取組はもちろん、子どもたちが自分の夢や目標の実現に向かって挑戦し続けること、ふるさと淡路島を愛する心を持った自立した人に成長することを強く願いながら全身全霊で教育活動に取り組んで参ります。

校 歌
はるかに仰ぐ 淡路富士
朝日かがよう 三原野の
豊けき稔り 集まるところ
みなと みなと
我らはここに 正しく学び
我らはここに 強く生きん

変わらぬ松の 緑濃く
瀬戸の浦わに 色映えて
大船小船 出て行くところ
みなと みなと
我等はここに 希望に満ちて
我等はここに育ち行かん