木造薬師如来(平等寺)

 昭和四十三年度指定、県指定重要文化財、漆箔、一五八センチ、ほぼ等身大の堂々たる体?をもっている。桧材で寄木造、水晶の白毫(びゃくごう)をはめこみ、眼ははみ出している。白毫(びゃくごう)、左手先より先、左手に持つ薬壺、螺髪(ほらつ)に塗った群青等は後浦であるが、全体としてよく当初のおもかげを残している。丸くなだらかな肩の線、ゆったりと豊かな体つきや流れるような衣文の線など、いかにも藤原彫刻の特色をよく備えている。おそらく十二世紀前半をくだらない時期の制作と考えられる。もとは庄田八幡神社にあったといわれるが、明治の神仏分離で平等寺に移されたと伝えられる。



木造薬師如来



  文化財・遺跡のトップページへ